ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

憲法記念日がすぎて

えっと、5/3が憲法記念日で、その日に出ていたタウンミーティングの資料を見ながら、
あー、ここに抜粋されてる条文には去年今年と話題の労働組合とか労働とかの条文がないな(ToT)
と、悲しい思いをしていたんですが、市民運動の方って、意外にそこはスルーされるのかな?
単にスペースの関係でしょうか。


青年ユニオンでも、ぼくはよく話すんですが、いまの日本国憲法ができたときに、
いわゆるGHQチョイスのニューディーラーさんらが、
これもあれも、うーんしかし削りに削って、でもこれだけは、と残してくれた人権条項の中に、下の条文があります。

〔勤労の権利と義務、勤労条件の基準及び児童酷使の禁止〕
第27条すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
2 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
3 児童は、これを酷使してはならない。
〔勤労者の団結権及び団体行動権〕
第28条勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j01.html#s3より抜粋

この27条の「児童は、これを酷使してはならない。」という項など、涙(T_T)なしには語れない条項ですが。
ユニオンの存在理由もこの27と28条にあります。とはいえ、有名な13条、そして9条があった上でのこの条項だというのが日本国憲法の柱立てです。
それが、どういうことかは、また別の話で。
[PR]
by ssu-i | 2009-05-08 00:04 | よもやま