ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

春闘と春季労使交渉

前の記事で書いた、日本経団連の『2010年版経営労働政策委員会報告』(経労委報告)ですが、
目次だけでなく概要も経団連のサイトの中の、日本経団連タイムスのページで読めますね。
No.29に載っています。

はてさて、経団連の表現では、春季労使交渉ですが、春闘に経営者団体として臨むいきごみが
御手洗さんの言葉で記者会見されていましたね。
http://www.keidanren.or.jp/japanese/speech/kaiken/2010/0125.html
各種報道ですでに出ているように「賃金より雇用」でいくと、
「給料は、そう簡単にあげへんで〜
って、言ってるのかと思ったら、
『…前略)「賃金よりも雇用」に重点を置いた交渉を行うべきである。賃金については、総額人件費管理を徹底し、(後略…』
と言ってます。


つまり、給料の総合計である
総額人件費は「きっちり計算して、増やしたくない、っていうか人件費もコストだから減らしたい。
なおかつ雇用を増やす?増やしたいよね、
だったら増やす雇用の分は、どこ削る?」
みたいなことを言ってるように読めます。

だから、雇用を増やして、その分「総額人件費」が増えるならば、「定期昇給分」も削っていいかな
と、
いうのでしょうか?

ちなみに、最後につけくわえますが、
「子ども手当で、みんなのとこに子どもの人数分、お金がいくよね、
だから、その分いままで払ってた家族手当とか、今年考え直していいかな?っていうか削るよ、他の手当も」
って、いってます。

政治が家計を応援すると、なぜか給料が減るマジック!
政治が経営者を応援すると、なぜか法人税が減るマジック!
政治が株主を応援すると、なぜか株主の所得税が減るマジック!
[PR]
by ssu-i | 2010-01-25 22:30 | 団交情報