ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

一連の報道に,多くの人材供給業者は拍手を

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20060921/121355/?ref=RL2

↑の記事は、日経ものづくり雑誌ブログですが、
タイトルにつけたような文章が本文にあります。
記事自体が2006年9月21日付けという少し前の記事ですが。
くだんの箇所を引用すると、

::::::::::::::

一連の報道に,多くの人材供給業者は拍手を送ったそうです。基本的に,人材供給業者は顧客であるメーカーに頭が上がらないわけですが,労災隠しに利用されるなどいいように使われている状況を内心は苦々しく思っていたのでしょう。まぁ偽装請負に関しては人材供給業者も片棒を担いでいるわけですから,人材供給業者側の言い分も割り引いて考える必要がありますが,メーカーの不誠実な態度のせいもあり,本当の意味で「ビジネスパートナー」としての関係を構築できているとは,とても言えません。


;;;;;;;;;;;;;;
以上、引用おわり

引用部分の冒頭の一連の、とあるのは、2006年の夏の朝日新聞をはじめとするマスメディアでの「偽装請負」報道過熱ブームのことです。

さて、派遣の問題を考えるときに、いまは、なかなか置いておけないのが、派遣受け入れ期間制限
昨年さわがれた2009年問題って、のです。
なので、いまの問題なんですが、3年なり、何年か遡って、「いつから派遣」「いつまで請負」をみるのは、重要です。


ことのついてで、派遣と請負の報道の歴史をネットで遡ってみれるサイトを探してみたら
↓のようなとこがみつかりました。

http://www10.ocn.ne.jp/~karoushi/sec_unews/01.html
請負・派遣ニュース2005.8.6付け記事から
#このページは、淡々と更新をいまもされていますが、読んでて泣けてくる記事も多いです。

http://homepage3.nifty.com/54321/haken.html
「派遣・請負・業務委託と崩壊した労働社会」労働者抵抗広場サイトより
キャノン、日立、ニコン、松下、トヨタ、いすず、シャープと名だたる大企業での違法行為のリストも、ある意味で泣けるリストです。


http://www.jcp.or.jp/akahata/keyword/211_inc.html
しんぶん赤旗の「偽装請負」記事検索2006年9月3日付けから

http://www.asahi.com/special/060801/
朝日新聞asahi.comのニュース特集>偽装請負2006年9月19日付けから


さらに、ついでで、人材派遣業界の歴史そのものがネットで見つかるかとさがすと
↓のようなものを

http://www.geocities.jp/jinzaihaken_kisotishiki/
ブログ「人材派遣の基礎知識」より


http://www.hakenn.jp/history/page3.html
株式会社人材ビジネスフォーラムのサイトより「派遣会社の歴史」
↑で紹介されているのが↓のサイトの講演録
http://homepage3.nifty.com/hamachan/rengohakenukeoi.html
濱口桂一郎氏のサイトより


法律制定前もあとも、法律違反を重ねながらの業界だというのは、
人材供給業界の一般認識なんでしょうか?
その業界で働いている人の「コンプライアンス」というものへの意識を思うと、泣ける話ですね。
法律で決めたこと「守らない」と公言する経営者たちの姿勢は、泣けるをとおりこしてムカ腹ですが。

と、そう思って、こないだの労政審議会の「公労使三者のぎりぎりの合意」を思い出すと、
「使用者」のぎりぎりって、守るつもりがあるギリギリ?
と、頭をかかえるはめになってしまいました。
↓が、その労政審議会のページ。いろんな政府の審議会の議事録とか資料とかがナマで読めます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudouseisaku/shingikai.html
[PR]
by ssu-i | 2010-04-15 17:26 | 派遣法Q&A