ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中小企業でも雇い主責任はある

派遣法案をめぐって、マスメディアでもネットメディアでも様々な意見が出されています。


中には、中小企業の管理職や経営者は、厳しい経営の中で
派遣に頼らざるをえない

だから
原則禁止

派遣法改正は中小企業のためにならない

中小企業の経営を理由にしての、派遣法改正反対というか規制強化反対と。

とまあ、そんな感じの意見が中小企業経営者団体の方や派遣会社の経営者の方から見受けられます。



中小企業の経営が、いまの日本で大変なのは、就職活動を通じて自分も肌で感じました。
というか、「いま」でなくて、ここんとこずっと、ですよね。
一部には、もちろん元気で景気のいい中小企業もあります。

さて、では経営が大変で
人件費が出せないから
とか
採用や募集の実務の時間がとれないから
とか

派遣でもやむなし
の理由にすることですが。


派遣で働くひとの立場
派遣で働くかもしれない立場のひとの意見では、


経営の数字の話は、社長やら専務やら関係なしに社員も一緒になって、アイデアや工夫を出して、雇われて働いてるもんの気持ち、やる気を引き出さんとあかんのではないでしょうか。そのためには、働いてるものをコロコロ入れ替える派遣では、信頼関係がつくれないかなぁ、ではないでしょうか。

また、そんなに時間がないなら、労働法やらも勉強するひまがないでしょうから、複雑な雇い方になる派遣は、使いこなせないと思いますが。


セクハラ、パワハラ、育児休暇、超過残業の有給休暇振替、社会保険制度の複雑化や頻繁な改正、配偶者控除などの勤労者納税制度の変化、雇用保険も…

派遣先の経営者、労務管理者、管理職であっても知らないではすまない、
社会の変化は
矢継ぎ早にあります。


派遣やむなし、と言ってるひまこそないのではないでしょうか。

現状、派遣やむなし、でも。まず、派遣法はじめ労働関係法令を知って、守っていただきたい。

恥は知らないでもかまいません、法と人の道は知ってください。
[PR]
by ssu-i | 2010-05-25 19:29 | 派遣法Q&A