ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

残業80時間しないと、給料カット!はアカン!

この記事を見るのは、
結果が労働者にとって労働条件の改善につながる(はずの)もので、働かせすぎの日本の企業経営者体質に歯止めをかける効果がある(はずの)ものであっても、
やはり、
つらい思いで胸がいっぱいになります。


「日本海庄や」過労死訴訟、経営会社に賠償命令

しかし、過労死につながるような労働契約の設定をし、実際に被害者を出した企業に社会が監視の目を!という、裁判にふみきったご家族のその気持ちを紹介する意味でも
この投稿をあげています。

トラバ先の方は、役員、上司に責任があるのでは?と感想を書かれていますが、
トラバ先に引用されている記事の孫引きでは↓
以下、引用
*****

大島裁判長は、同社が当時、時間外労働が月80時間に満たない場合は基本給から不足分を控除すると規定していたと指摘。「長時間労働を前提としており、こうした勤務体制を維持したことは、役員にも重大な過失がある」と述べた。

*****
以上、引用おわり
「月80時間に満たない場合は基本給から不足分を控除すると規程していた」
この部分が、それを「維持したことは、役員にも重大な過失」だと
今回の賠償命令につながっているのです。


どういうことでしょうか?控除?って、税金やすくなるやつ?

ネットで、この裁判の前に労災認定があったときの記事を探したのですが、
見つけられなかったので、
書きますと、
この日本海庄や、というチェーン店では、雇われ店長職などで、
ある程度の基本給が出ていたんですが、
その基本給は、月に80時間残業すること、が条件だったんです。
月に80時間残業しなかった場合は、
しなかった時間相当分が、マイナスされて払われる
と。
しかも、そのことが知らされたのは、あとになって。


孫引きだとなんなので、西日本新聞の記事は↓
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/173962
以下、引用
******
大島真一裁判長は判決理由で、同社の基本給が、厚生労働省による過労業務の認定基準である月80時間の時間外労働を前提としていると指摘。「労働時間について配慮していたとは全く認められない」と述べた。

 さらに、平社長らは労働時間が過重にならないようにし、従業員の生命、健康を損なわないような体制をつくる義務を怠ったとして「悪意または重大な過失がある」と判断した。
******
以上、引用おわり


さて、労働時間の過重は、なぜイカンのかと
それは、労働時間が長くなると、いのちの危険があるからです。

労働時間と脳血管疾患の関係性について、の資料は以下、
いわゆる過労死基準が↓
脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準について
http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-42/hor1-42-62-1-0.htm
同、別添
http://www.jaish.gr.jp/horei/hor1-42/hor1-42-62-1-2.html

同文書の解説というか、談話が↓
2002年1月15日  過労死認定「新基準」に対する談話
働くもののいのちと健康を守る全国センター
事 務 局 長    池 田  寛
http://www.inoken.gr.jp/sei-ken/0105-06.htm

お医者さんの語る過労死
http://www.aikawanaika.or.jp/hiroba/133-1karoushi.html

ついでに、過労死の企業の名前の公表をもとめた裁判の記事
http://www.asahi.com/special/08016/OSK200903020065.html
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091116/trl0911160203001-n1.htm




青年ユニオンは、宣伝やよびかけが、はたらきすぎている、働かされすぎている全ての方にとどくように工夫をしたいと思っています。
[PR]
by ssu-i | 2010-05-26 16:00 | よもやま