ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日本を休もう!って、すごいキャッチーなコピーだと思います。

有給休暇の取得(使用、消化ようするに、有給で休む)についての国際調査!報道発表が
あったので、それを詳しく紹介、とも思ったんですが。
その調査の方法を順にみていったところ、
インターネットリサーチで、そのリサーチ対象やリサーチしたときの質問票が調べきれず、
リサーチを実際に担当したところについてもよくわからなかったので、
詳しいコメントがなんとも、しようがないので、またにします。
リサーチ結果自体は、日ごろからの実感や周りの方の実際とも重なる部分もあるので、記事はトラバってみました。

経済コラム - エキサイトニュースなぜ休めないの? 有給休暇を消化できない理由

みなさん、この報道を読んで、自分の状態とかと比べてみてどうでしょうか?



と、
これで終わると短い記事なんですが、昨日の「消費税と派遣」記事↓関連の追加を少し。
消費税と派遣の仕事

ヤフーで「消費税 派遣先」と検索すると。
国税庁のページが何件目かにヒットします。↓など。
質疑応答事例>消費税目次一覧>「労働者派遣」に係る労働者派遣料
以下、引用
*****
「労働者派遣」に係る労働者派遣料
(中略)
当該労働者の派遣を受ける会社が支出する金銭は、労働者派遣法の適用のある労働者の派遣に係る対価(労働者派遣料)であり、給与に該当しないことから、消費税の課税の対象となり、当該対価を支払った事業者は、仕入税額控除ができることとなります(基通5-5-11)。
(後略)
*****
以上、引用終わり

さて、仕入れ税額控除が、できる、と書いてあります。
では、仕入れ税額控除とは、なに?これも国税丁のページから↓
タックスアンサー>消費税>仕入税額控除>No.6451 仕入税額の控除の対象となるもの

以下、引用します。
*****

No.6451 仕入税額の控除の対象となるもの
[平成21年4月1日現在法令等]

 消費税の納付税額は、課税期間中の課税売上高に4%を掛けた金額から課税仕入高に4%を掛けた金額を差し引いて計算します。
 課税仕入高に4%を掛けた額を差し引くことを仕入税額の控除といいます。
(後略)
*****
以上、引用おわり

100万円の商品を販売(売り上げた)企業が、その仕入れに(事務用品などの諸経費も一部含む)60万円かかっている場合で、説明しますと

100万円のうち、4%は消費税(国税分、これに1%の地方分を加えると5%)で、4万円
といいたいとこですが、
実は、仕入れに(事務用品などの諸経費も一部含む)かかった60万円の支払いで消費税をこの企業が既に払っているので、
それは差し引きしましょう、と。

なので、60万円のうち4%で、2.4万円が仕入れ税額控除でマイナス納税なので、
この企業は
4万円―2.4万円=1.6万円の消費税を国に納税すると。


で、
この仕入れに「派遣先が派遣元に支払う派遣料金」を含めてもいいとなっているわけです。
派遣先が、直接雇用する社員の「給料」は、消費税のこの対象には(ほとんどが)なりません。
消費税の仕入れ税額控除の対象にならない社員の給料分を
消費税の仕入れ税額控除の対象となる派遣料金に振りかえると、
あら、びっくり、消費税の「控除」分だけ、もうけが増えると。
おおざっぱに言うと、そういうことです。

で、消費税の税率が5%から上がれば、とうぜん控除の額も増えるので、
さらにもうけが増えると。


#あくまで、直接雇用の社員と派遣(請負も似たようなもの)受入時の比較で、しかも消費税の仕入れ税額控除についてだけ、考えた場合のはなしで、しかもおおざっぱな話です。
#くわしいことは、税務署か税理士か、消費税の実務にあかるい方に聞いてみてください。
#あと、まちがいがあればご指南おねがいします。



追記:
エキサイトニュースの元記事
Business Media 誠]
↑の記事のネタ元の調査
エクスペディアレポート 有給休暇 2010
↑の調査の調査機関って記載されているところのサイト
マイクロミルモニタサイト
[PR]
by ssu-i | 2010-06-28 16:24 | 有給休暇Q&A