ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年 12月 06日 ( 2 )

労働者(と家族や地域)の声代表の
日本共産党

財界・経済界(と後継者たちプラス米)の声代表の
自由民主党

のトップ会談☆
って思ったから記事にしたんですが

あそーさん
指導監督調査とかは、まだしないんですね
官房長官の言った「認識を共有した」と発表する場だったんですね
ちょっと残念(T-T)

12/1に首相が日本経団連に「雇用の維持への努力」を要請に行った
その直後に
そこの会長企業、御手洗キヤノンが大分で「派遣切り」発表ってのは

なんともやすい首相の言葉だねぇ
[PR]
by ssu-i | 2008-12-06 09:53 | よもやま
雇用保険の改正があるらしい、と執行委員会で議論したんですけど、
そのニュースの裏付けのために検索してたらbigなびっくりなニュースに遭遇。

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20081205AT3S0400X04122008.html
(04日 23:45)のニュースですが、5日に麻生自民党総裁と志位共産党委員長が会談とのこと。

と、と、と、もう終わってんやん。
と、あらためて検索、後追い記事を見つけました。以下にNIKKEI NETの記事を全文引用します。
ーーーーーーーー
派遣解雇抑制へ「政府が指導を」 共産委員長、首相に要請
 麻生太郎首相は5日午前、国会内で共産党の志位和夫委員長と会談し、雇用問題について協議した。志位氏は大企業による派遣労働者らの大量解雇を批判したうえで「政府として強力な指導と監督で是正してほしい」と要請。首相は「できるだけ努力したい。ただ政府が民間企業にどこまで介入できるかという問題がある」と述べるにとどめた。
 首相は1日の経済界首脳との懇談に触れ「ぜひ雇用の維持ということと、内定取り消しはとんでもないということを申し上げた」と説明。「企業の中で非正規雇用を切らずに正社員に置き換えることでまともな道をひらこうという企業もあり、そういう道を探るべきだ」とも語った。同席した河村建夫官房長官は「深刻な実態への認識は共有している」と述べた。
 自民、共産両党の党首会談は福田康夫前首相が海上自衛隊のインド洋給油活動を巡って協議した昨年11月以来となる。(13:01)
ーーーーーーーーーーー
以上、引用終わり。

事実であれば、厳正に対処する
事実であれば、法の主旨に照らして指導する
という留保付きの回答だった国会でのやりとりから考えると、すごい変化の麻生さんの発言。
日本共産党の意見であっても、
国民(有権者)からの注目が集まり、その集まっていることが話題になってしまうと、
なんとかしてその注目をあらためて与党にひっぱる必要があると、手をうってきたということでしょうか。

CGJからCSGJへの「S」の変化が、派遣や請負の人たちの年越しを照らしています。
滋賀でも、明るい新年をだれもが迎えられるように、青年ユニオンも頑張ります!!
[PR]
by ssu-i | 2008-12-06 02:16 | よもやま