ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009年 04月 08日 ( 1 )


京都の方のユニオンと交流する機会が、先日ありました。
#といっても、参加したのは書記長で、わたしは残業ステージ突入してました(T.T)

現状や経験した事例をいろいろ話して、つきあわせてみたりもしたんですが。
さきの定期大会では、首都圏青年ユニオンの河添さんに来てもらって話を聞きましたが、
<<よその話はすごく勉強になります。>>
こないだのの中身は京都の☆個人加盟地域労組 ユニオンみなみの風 ☆さんが、
ブログに報告をあげられてるので、詳しくはそちらをm(__)m
http://blogs.yahoo.co.jp/union_minaminokaze/39560646.html

と不思議に思うに、
派遣の会社の経営者の方々って、派遣社員のことを「自分とこの社員」という風に見れてない気がします。わかりませんけど…
見れないのかな〜、草津には小さい派遣会社のワンサとあるんですが。
話を聞けばきくほど、無法な雇い方、働かせ方、派遣の営業社員さんには人のいい方もいるみたいですが、
役員クラスは、カニコーか時代劇の世界に思えてきます。

団体交渉でも役員の口から聞いた言葉は、「社員の明日の生活、仕事よりも、会社の利益(数字)」の話が多かったですね。
”この派遣会社の経営のために”という立場上の意識付けで、そうなってしまうんでしょうか。
滋賀青年ユニオンは?ん?と、
滋賀青年ユニオンの活動は、
労働者ひとりひとりの生活と仕事のやりがい、はたらきがいを豊かにするために、そして地域社会の発展と持続可能な地球環境のために。
う〜ん、よくばりすぎでしょうか。
[PR]
by ssu-i | 2009-04-08 20:32 | 企画