ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー

2010年 04月 14日 ( 1 )

「不当に雇い止め」 埼玉の女性、カシオなどを提訴(産経新聞)

あ、やっぱりこういう事例が出てくるんですね。
って、思ったのがトラバ先の記事みたいな、
派遣労働者が苦情を申し出ることで「不利益」な対応を被るケースです。

正社員でも、社内で苦情なり違法行為の改善提案などをしたことで
社内などで不利益な取り扱いを被ると、
それだけで即、各種法令違反になりますが。

そういうことをされそう!
ということで、派遣労働者は格別、厳重に「苦情を申し出ることで不利益を被らないように」派遣法には決まりが書いてあります。(派遣法第四十条)
その解釈うんぬんは↓
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
8 派遣労働者から申出を受けた苦情の処理に関する事項
・ 苦情の申出を受けた年月日、苦情の内容及び苦情の処理状況について、苦情の申出を受け、 及び苦情の処理に当たった都度、記載すること(「派遣元事業主が講ずべき措置に関する指 針」第2の3(第8の18参照))。
・ 派遣労働者から苦情の申出を受けたことを理由として、当該派遣労働者に対して不利益な取 扱いをしてはならない(「派遣元事業主が講ずべき措置に関する指針」第2の3(第8の18参 照)。
・ なお、苦情の処理に関する事項を派遣労働者ごとに管理している趣旨は、派遣元事業主が派 遣労働者の過去の苦情に応じた的確な対応を行うためのものであることに留意すること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
労働者派遣事業関係業務取扱要領 (最終改正 平成21年5月18日)
には、上の引用部分みたいに書いてあります。

ポイントは、派遣元は、「苦情処理の窓口」を派遣スタッフに最初にはっきり教えておく、派遣先も「苦情処理の窓口」を派遣スタッフに教えておく。
さらには、苦情を受付たら誰がどうやって、その事実確認をして、その苦情処理をして、結果を本人にどう伝えるかをルール化しておくことも法律で義務になってます。
さらに、「派遣元管理台帳」「派遣先管理台帳」という派遣スタッフ個人ごとの記録帳に、その苦情について日時、処理の詳細を、苦情一件ごとにその都度記入して保存(3年!)しておくことも義務だと。

びっくりするくらい、派遣先、派遣元の社員が信用されていない
信用しない前提で法律の運用をすべし!と業務取扱要領に記載されています。
あ、管理台帳の記載、保存をしないと罰金刑が規定されています(責任者個人と法人と法人代表のすべてが罰金の対象ですね)

東京労働局や大阪労働局では、
実際にこの派遣先管理台帳や
派遣元管理台帳の不備を是正指導されているケースが、年度末をはさんで公表されています。

管理台帳!つけてますか!
義務だから、家計簿なくても、つけよう管理台帳!
あ、
この管理台帳を記載、管理する人間は「派遣先責任者」「派遣元責任者」だと、
これも明記されて特定されています。

以上、概略ですが(詳しくは、これまたみっちり記事にします
裁判で、この管理台帳が裁判所の提出命令の対象になったり、ここのとこ注目キーアイテムだったりします。

が、正社員のみなさん
苦情を聞いてもらってますか?
声に出してみた苦情を逐一、全部、記録して、その処理までしてもらってますか?
しかもその記録を三年保存!
されてないですよね。

派遣ではたらくみなさん、
ぜひ、派遣元でも派遣先でもいいので、
この「苦情の申し出」
「管理台帳への苦情の受付,処理、の記載、保存」
に確認してみてください。
#合い言葉は、勇気


でも、なんか苦情の記録って、学級会というか帰りの会というか…
法律で、決めることかと…
しかも、法律で決めてても守らないんですかね…

厚生労働省の↓このページに派遣関連の法令そろってます
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/haken/conttop.html
[PR]
by ssu-i | 2010-04-14 21:20 | 派遣法Q&A