ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー

<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

紙面座談会

先日、とある新聞社の企画で座談会に出席しました。

滋賀県内で働く、非正規とくくられる働かされ方の人たちを中心にした
「現代の蟹工船!?(仮称」という企画みたいですが

9年も働きつづけてきたけど、来年からそこからかなり離れた工場へ移動になるというAさん。どうやら別の請負会社が入るらしいとか…
ヒドイのは働く当初から、就業規則の開示もなければ雇用契約書の取り交わしもない、という
じゃあ、給料とか休みとか、どう決めたの?状態。
しかも、給料の支払い元会社と、いま毎日の仕事を管理している会社も名前が違うようだとか(><)

また、別の工場のBさんは、こちらも長いこと勤めているけど、いわゆる偽装請負&二重派遣
給料も同じままでまったく上がらないし、
直接雇用契約を、と交渉したら、「直接雇用するけど、仕事がどれだけできても真面目に毎日出勤しても、ぜったい正規社員にはしない」と、監督は言いはなったとか(T_T)
もともとがそんな条件で雇ってるからか、現場には違法状態がゴロゴロ

さきのAさんのところもそうですが、労災があっても、労基法違反があっても、それ以外のコンプライアンス違反があっても隠しとおそうとするそうで。
最初の雇い方のところで「非正規」しかも違法派遣、請負のようなことがあるから
いつでもクビにできるし…
法律とか面倒くさいし…
きちんと守ってやってたら生産のノルマあがらんし…
って思ってるのか、やりたい放題。

「仕事がきついし、条件がわるいから、どんどん職場では人が辞めては入ってと入れ替わっていく。もっときちんとした現場にしたい。そしたら働きつづけらる人も増える」
と、Bさんが話してはったのは、印象的でした。

「働きつづけたいし、そのためなら」と、
団体交渉する!訴訟もする!と、最後は意気軒昂なシメになった座談会でした。
紙面ができあがったらまた紹介するので、ぜひ読んでください〜
[PR]
by ssu-i | 2008-11-28 07:01 | 企画
『工場カレンダー』制度。
古くは、自動車工場が「日祝の方が電気代割引があるから」という理由で、平日に休み日曜に働くことを始めたとか

子供の学校も親の働くその工場の休みに合わせて、行事を組ませたとか聞いたことがありますが。


先日の活動報告集会で、ある工場で働くメンバーから
「いま5勤2休2チームなんですが、これが4勤務2休3チームになるらしくて。これってどうなんですか?」
と相談がありました。

副委員長が「それって変形労働時間制で、残業割増や深夜割増とか減るよ」
Uさんが「知り合いが、同じようなシフト体制の変更で、給料減りましたよ。休みが増える分」

でも今まで土日は工場止まってたんですが、今度からはフル操業らしいんです。と、相談者のKさん。

書記長が、話をまとめて
「休日数が増えるのか?基本給は下がるのか?残業手当は減るのか?それやと困るんですって、所長とかに聞いてみよう」
とアドバイスしました。
[PR]
by ssu-i | 2008-11-24 19:54 | よもやま
会社によって「休日」「出勤日」の日数や決め方は違います。
#労基法で最低基準は決まってますが

タイトルの台詞は、有給休暇・代休をめぐっての労働審判の最中に
使用者側の代表が「うちは休日は、年間104日」
と言ったのに対して、間髪入れずに
「実際には71日しか休みがない!残りは?!!!」と追及し
「希望出してきたら休ませるんです!」

という言葉を引き出した弁護士さん☆への掛値なしのUさんの賞賛の声☆


そーかー、33日分は休日出勤日(給料135%払い)か~、未払い分に追加で。


昨日の活動報告会&ミーティングは、怒りつつ笑いもあり、涙もあり
勉強にもなるし、次の活動企画も決まるし、盛り上がりました。一回で書ききれないし、何回かに分けて書きます。

ニュースでも、また送りますが。
[PR]
by ssu-i | 2008-11-22 10:28 | 団交情報
昨日はどきどきしながら裁判所の門をくぐったんですが、
残念ながら委員長は出番なし、お見送り組でした。

今日は、どうやら出番がありそうで、再びドキドキしています。
さて、今日の夜には、現在たたかっている団交の報告会があります。
ユニオンメンバーなら参加自由なので、ぜひぜひ。
夜6時からスタートなので、「時間あるよ」って人は役員の誰かに連絡ください。
[PR]
by ssu-i | 2008-11-21 00:23 | 団交情報
茨木駅で今朝、人身事故があったそうで。
JRダイヤ大混乱〓

個人的には判断ミス。やっぱり京阪乗り換えとくべきだった。

湖西線は、山科手前まで動いてたから甘くみてて。見事に山科立ち往生。

ネットで琵琶湖線もチェックしておけば、って反省しきりでした。

事務所には、他の方が入って電話みてもらえたので、そちらはリカバー。セーフでした。


乾いた風と温かな陽射しのホーム。あせることをやめた人たちのなんともいえない表情が、ある意味では優雅な冬の朝でした。

苛酷・必死の形相の車内の人たちを見てて思ったのは、ストップウォッチで作業時間を計られるライン労働。
人間として大切なものを時間ドロボウに奪われないよう生きよう
[PR]
by ssu-i | 2008-11-20 09:28 | よもやま

洗いものアライグマ

今日は、一時間洗い物してましたo(^-^)o

しょうじき、アライグマの生まれ変わりかと思うくらい、洗い物は好きです。

Viva、アクリルたわし
[PR]
by ssu-i | 2008-11-19 23:22 | よもやま

給料あげて(T-T)

介護の現場のはなしを聞くと…
きまって「給料あがるには、どうしたらいーんやろ?」
と、ため息が聞こえます。

その給料計算の基礎になるのが『介護報酬』これが今年は上がる=給料上がる
ってのは、もう決まったことだと思ってたんですが、
実はまだ。

自民党公明党の政府は、追加経済対策として、この『介護報酬を3%上げる』方針を決めたけど、具体的にはまだ。

要するに、給付金(消費税特約付き)と同じで見切り発車だったみたい(゜_゜

ヒドイなぁ、仕事の遅い内閣だこと。
[PR]
by ssu-i | 2008-11-17 23:48 | よもやま
今日は、大津で学校の先生たちを前にして青年ユニオンのメンバー3人でしゃべってきました。

近藤弁護士も一緒に並んでいただいて、
1、いまの若いひとの仕事の現実

2、その「ヒドイ」仕事に対して、どう変えるための行動をつくっているか

を話してほしい、という依頼を受けての話でした。

KAさんは、
「有給休暇は、うちないねん」とか、
「もう明日から来んでええわっ!」って、社長に言われたときに
それに対して、どう悩んでどう答えたか
そして、そこで労働組合とユニオンがどういう助けになったか
って、話。

UDさんは、
「家族のために、休みがほしい。
「なんとか今の職場で、休みやすいシフト体制にしたい
「なんでハローワークで見た求人票と、働いた現実が違うんだろう、話が違う
という思いを抱えて、
そこで出会った労働組合とユニオン、
そして団体交渉と解雇撤回のたたかいの中で自分が知った大切なこと
を、語りました。

2人のおまけで、ついていった委員長でしたが、
聞いてる内に熱くなって(@_@)しまって、
自分のしゃべるタイミングでは、暴走。してもたかも。
☆でもでも、みんなホンマに「おかしいな」ってことは、「おかしくない?」って声にして
☆いまの仕事の働き方って、「それってフツーの生活できてるか?」って、できてへんて

♪人間って、いいな
みんなで、なかよくポチャポチャお風呂
こどもの帰りを待ってるだろな

「いいな」って、みんなで思える仕事にしようよ。昔は、もっと酷くて、
それが今はよくなってきたんだから、もっと良くしよう。
[PR]
by ssu-i | 2008-11-15 23:46 | 宣伝
京都新聞に先日、若者の仕事意識の特集がありました。

10・5青年大集会でも見た《兵庫青年ユニオン~波~》《ガテン系連帯》の実態調査が載ってました。

「給料が安い」「もっと働きたい」と願う青年の姿が、そこからは見えてきます。
京都新聞が京都府内で独自に調査した結果でも、派遣じゃなく連続して働ける正規雇用を希望している青年の多さ。


京都新聞は、こないだから「働きたいのに働けなくなる」メンタルストレス疾患の連載特集もしていました。

「働きたい」「働き続けたい」という声
>若い子はガマンが足りない、すぐ辞めるという声

辞めない若い子は、「なにをガマンしている」んでしょうか?
◆余談になりますが、「働き続けたい」のに雇い止めになる大量の期間工の報道からもそんなことを考えてまいました。
[PR]
by ssu-i | 2008-11-10 08:27 | よもやま
滋賀青年ユニオンで、いま「青年の労働と健康実態調査」というのに取り組んでいます。
これは、非正規雇用労働者全国センターというところが実施している全国調査です。
35歳未満の方、ぜひ調査にご協力お願いします。

ウェブからも調査アンケートに回答できます↓
http://mitakashi.net/cwac/

ここで用紙をダウンロードしてもいいし、直接フォーム入力してもOK

またお近くの役員に連絡してくれたら、用紙を届けます〜

身体とココロ?だいじょうぶですか?
[PR]
by ssu-i | 2008-11-09 01:47 | 企画