ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『ツレうつ』のこと

学生さんから、先日
「友達がウツみたいで、自分からそのことをみんなに話してくるけど、
最近、その子の感じが変わってきて友達が受けとめきれなくなってて
どうしたらいいかわからへんのです」
と、相談があったと青年ユニオンのメンバーから聞きました。

ウツかな?ってときは、
体調のくずれと同じく、病院で専門家である医者に診察してもらうことが大切です。
そして、投薬や生活指導も含めて治療方針を丁寧に確認していくことで、治ります。

今晩からNHKで
『ツレがうつになりまして』ってドラマが始まります。

ぜひ、働く人も学生も、高校生にも中学生にも主婦にもじーちゃん、ばーちゃんにも見てほしい作品です。


うつは、なにか「かかりやすい」体質や性格の人がいたり、遺伝したりする病気ではありません。

誰でも、無理が続けばかかる、過労やストレス過剰も原因となる病気です。


『ツレうつ』で、うつになるツレさんは、うつの症状が出始め、夜に眠たくならない日が続いたときに

「これなら寝ないで仕事片付けられる」と喜んだそうです。

そのときに気付いてあげれてたら…と、原作者は作品の中で振り返ります。


藤原紀香さんが好演☆だそうです。原田泰造さんは、もはや言うまでもないようです。
原作も脳天気でライトに、ヘビーな作品ですが、ドラマも良い出来と評が出てます。

ぜひ今晩から3回、夜10時からNHK総合をオススメです。
[PR]
by ssu-i | 2009-05-29 08:28
今日から裁判員制度が始まります。
職業裁判官と一緒に国民の中から選ばれた裁判員が、裁判所のなかに入り、憲法をはじめとする各種法令・判例に基づき、裁く側として裁判に参加します。

裁判員制度には、いま問題が山積みですが。それ以上に山積みな冤罪。冤罪を作りだす、裁判所内の仕組みへの国民の怒りがこの制度の出発点だと聞きました。
それは、裁判所内だけでなく検察、そして警察署内にも向けられた国民の『身内の中だけのルールで勝手なことするのは許さない』って気持ちではないでしょうか。


子供の頃に、『学校内に憲法なし』『家庭内に憲法なし』『会社内に憲法なし』という言葉をみた覚えがあります。

青年ユニオンに、悩み事を相談に来る若者の多くは、憲法も労基法も知らずに『管理職の言うことが全て』の状況下で、「でも、なんかおかしいと思ってた」と、言います。
法律を「知らない」のと、法律が「ない」のとは大きな違いです。
今より少し昔、カニコー、女工哀史の時代の人たちの願いから生まれた「人間らしく生きる権利」。日本国憲法の言葉は、戦後の日本を、じっくりと時間をかけて変えてきています。

滋賀青年ユニオンは、日本の国にある会社ならば日本の法律を守り、コンプライアンスの姿勢をもつことを求めます。

法律の専門家である司法の場でも、国民が外で待つだけじゃなく中に入る必要がある。裁判員制度に託された願いは、これから試されます。
[PR]
by ssu-i | 2009-05-21 10:07
企画の案内です。といってもうちメインの企画ではないですが。

2009年5月31日(日)13時半開場。14時開始
「医療・保育・福祉の職場ではたらく青年学習交流集会」

○第一部 講演
講師:二宮厚美さん(神戸大学教授)
「コミュニケーション労働の魅力と役割」
○第二部 パネリストからの発言
医療
保育
福祉
それぞれの分野の仕事をしている青年から
自分の職場の現状や、自分たちの仕事してるなかでのやりがいや元気になるコツ
利用者さんの思い。その家族への思いなどなど
などなど素直な青年の気持ちを話して、
………いろいろ、あるけど、うん!!明日からも仕事がんばろう!
って思える学習と交流の会

です。
参加無料、定員50人です。託児も可能なようなので、託児希望の方は相談してください。
この企画のブログができたそうなので、ご案内↓
http://ihhkshiga.blogspot.com/

ではでは、ぜひぜひ興味のある方はご参加を〜
[PR]
by ssu-i | 2009-05-16 20:47 | 企画

団交が、明日あります。

リバース団交があります。
明日中には、書記長からそれぞれに連絡がいきますと思いますが、
行けます!ってユニオンのメンバーは、連絡ください。

と、その下調べ中に、みつけた記事を下に、

1>日本海庄や石山駅店の株式会社大庄を、書類送検(大津労働基準監督署
http://www.shiga-roudou.go.jp/kantoku/souken_2.html
2>休憩時間付与義務違反!で、異例の書類送検(山梨労働基準監督署
http://www.y-roudoukyoku.go.jp/1/20070717.html

どっちもビックリする事件で、事例で、労働実態ですが。
日本海庄や石山駅店のは、とくに、ビックリするくらいたくさんのところでネットで話題になっています。
一年のあいだに、過労死と残業代未払いで二回も……
被害者のご家族や知り合い、
はたらいていたバイトさんや社員さんの気持ちは想像もできないものだと思いますが、せつない。
(T_T)なんど、この店の目の前に、自分が立っていたかと思うと…

山梨の事件は、なんというか、
休憩時間って、大事なんだと改めて気づかされた記事です。
大事です!調べたら、休憩時間は、めっちゃ大事です。
みんな8時間超える場合は、一時間!ちゃんと休んでますか?
あかんで、仕事してたら、超過勤務手当もらおうね。
それで、制限かけていこう、

はたらき過ぎは、知り合いに迷惑、身体とココロに悪影響。
会社の空気もヤバくします。
会社のためにも、休もう!
社会のためにも、休もう!
法律で決められている分だけでも、まずはしっかり休んで、それで仕事もしっかりやろう。
こころをキズつけられて、いやされないままだと、仕事もがんばるなんて無理だ。
からだの疲れ、こころのキズ。しっかり休んで、回復させてこその仕事です。
仕事するためだけの生活じゃない、生活と仕事の両方を大事にする!

それが、流行りのワークライフバランス!らしいです〜
[PR]
by ssu-i | 2009-05-13 01:58 | 団交情報

憲法記念日がすぎて

えっと、5/3が憲法記念日で、その日に出ていたタウンミーティングの資料を見ながら、
あー、ここに抜粋されてる条文には去年今年と話題の労働組合とか労働とかの条文がないな(ToT)
と、悲しい思いをしていたんですが、市民運動の方って、意外にそこはスルーされるのかな?
単にスペースの関係でしょうか。


青年ユニオンでも、ぼくはよく話すんですが、いまの日本国憲法ができたときに、
いわゆるGHQチョイスのニューディーラーさんらが、
これもあれも、うーんしかし削りに削って、でもこれだけは、と残してくれた人権条項の中に、下の条文があります。

〔勤労の権利と義務、勤労条件の基準及び児童酷使の禁止〕
第27条すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
2 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。
3 児童は、これを酷使してはならない。
〔勤労者の団結権及び団体行動権〕
第28条勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j01.html#s3より抜粋

この27条の「児童は、これを酷使してはならない。」という項など、涙(T_T)なしには語れない条項ですが。
ユニオンの存在理由もこの27と28条にあります。とはいえ、有名な13条、そして9条があった上でのこの条項だというのが日本国憲法の柱立てです。
それが、どういうことかは、また別の話で。
[PR]
by ssu-i | 2009-05-08 00:04 | よもやま
昨日、有給休暇を全従業員完全消化の記事をみつけましたが。
そこまでいかないにしても、経営者(使用者)が有給休暇を取るように計画を決めることはできます。
書名での協定が社員との間で必要だったり、5日間は労働者の自由に残さないといけなかったりしますが。
「お願いだから、休んで~」と。
詳しくは副委員長メモより↓
☆☆☆☆☆☆☆☆☆
年次有給休暇の計画的付与(労基法39条5項)
「使用者は、…書面による協定により、…有給休暇を与える時季に関する定めをしたときは、…有給休暇の日数のうち5日を超える部分については、…有給休暇を与えることができる。」(計画年休制度)
年休権の行使は労働者にイニシアティブ委ねているが、職場への気兼ねなどで年休が取りにくい状況にある。年休の取得率向上のために使用者は、年休を計画的に与えることができるとしています。(協定が必要)
[PR]
by ssu-i | 2009-05-05 22:31 | 有給休暇Q&A
なんて、思っているあなた!
2009/04/02付けの北海道新聞には、こんな記事が☆
☆六花亭の全従業員 有給休暇、20年連続で完全取得☆

この連休、どこかでイチゴ狩りでも、と思ってネットで見ているうちに、「そうそう…」と思い出したのが、
六花亭のお菓子。イチゴをまるごとホワイトチョコレートで包んだそれ。けっこうお気に入りです。
と、
何の気なしに、そのままググっていたら上の記事に当たりました。
あるんですね、日本にもそんな会社が。
2006年の古い記事ですが、朝日新聞の切り抜きがネットにあったので、これもご紹介。
http://www.suzuki31.com/jcp/ht/2006/6kka/3.html
経営陣の、自社での労働災害、精神疾患、長時間労働に対する考え方、それも大事なことなんだと分かります。
じっさいには、ここのようにパートさん含む約1400人全員に20日間の有給休暇を与えると、
パートさんの時給1000円として、
一日6時間で6千円×20日=12万円、でパート/バイトで458人だと…
約5500万円の人件費増加。

経常利益が、
15億8,300万円  (六花亭グループ/2008年3月期実績)
の約4%
#データは、六花亭の公式サイトの会社概要よりhttp://www.rokkatei.co.jp/company/index.html

特殊な社長さんの元での、特赦な会社の、特殊な事例だと、正直なところは思います。
どこの会社でも、できるわけではないことだとも現状の日本では思います。
けれど、「どうせ無理、と、あきらめる前に」
経営者としてどんな会社経営を目指すのか、その一つの在り方じゃないかな、とは思います。

蛇足
さきの朝日新聞の連載の中には、マルセイバターサンドが売り上げの半分!とか、びっくりする内容もありますし、そのサイトの中には2001年のこんな新聞の記事↓も。
http://www.suzuki31.com/jcp/ht/2006/6kka/0.html

堀田力さんのやってるサイトの中の記事だと、
https://www.ningenryoku-plus.jp/holiday/rokkatei.html
自社で育てたいから、と、保育園も2007年から正社員をつかって立ち上げた、とあります(!_!
[PR]
by ssu-i | 2009-05-02 01:35 | 有給休暇Q&A
「一人ずつ社長に呼ばれて、一対一で話をさせられる」
「『百項目の心得』で、社員の休憩時間の休憩室の使い方まで社長が命令する」
景気の悪化は、人のココロを荒ませるのか、それまでとのあまりに違う社長の変わりよう。耐え切れずに辞めていく同僚たち。
そんな相談をこの四月から何回か重ねてきたある会社に対して、「立ち上がろうと決意した」そんな電話が、今朝、駅のホームで電車待ちしてるときケータイにありました。

今日は5/1、世界中で労働者とその家族、そして地域の住民が集い、立ち上がり、連帯をかためて、その行動の成果を確認し、祝う日です。

メーデー
それは五月(メイ)一日(デイ)。

日本の労働組合最大手の連合は、なんだかはっきりしない理由で、5/1という日付には今年もこだわらずに前倒しで開き、地域社会へのアピールのためのデモもしませんでした。


一人ひとりでは、労働者は会社に対してはちっぽけな存在です。
団結し、組合で団交し、話し合いとあわせて時に争議し、その自分たち働く者の願いと要求を地域にアピールして同意を支持をもらって、そこで初めて『経営者たち』という天上人の立場と同じ土俵に上がれます。


三年を超えて働いてきて、同僚たちのまとめ役になり、新人に仕事を教えてきた人が。
『正社員になりたい、この会社で働き続けたい』と願うことは、かなわない夢想なんでしょうか?

滋賀県では、日本電気硝子、ヤンマー、ダイハツ、キヤノン、日本輸送機などの「雇い止め」「派遣切り」「正社員切り」に否や応か!と労働者たちが問い掛ける声を大きくしています。今日も、県内各地で集会、デモがあります。

アメリカで百年以上前に始まったメーデーは、戦後憲法に書き込まれた労働者の権利条項に保証されて、しっかりと日本に根づいています。
[PR]
by ssu-i | 2009-05-01 08:54 | 団交情報