ひとりからでも入れる労働組合、青年ユニオンの委員長してます


by ssu-i
カレンダー

<   2010年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

日にちはおって、連絡をメンバーには回しますが、
相談があり、至急の対応が必要という判断から団体交渉を申し入れています。
またも残業代未払い、雇用保険など未加入、パワハラセクハラまがい、さまざまなブラック給与控除(天引き)で、要求項目出しています。

下のは、直接関係ないですが、東京の調査で、昨年度が過去10年間で最高の「賃金不払い」結果という記事↓
Excite エキサイト : 経済ニュース


増える賃金不払い
↑ここの記事で、上の報道を知りましたのでご紹介。


その件で検索していると、懐かしい本を紹介している記事をみつけたので、あわせてご紹介。
フリーターの法律相談室
ずーっと、いろんな商品の紹介をしている方の記事なので、
さかのぼってみましたが、書籍の紹介は数点、なぜ、この本が!と驚きの意味も含めてご紹介。
この「フリーターの法律相談」は、書かれたのがもう5年ほど前になるので、いくつか改正や通達によって、いまには合わない記述もあります(ご注意)が、
基本的な「あるばいと、ぱーと、フリターの仕事で悩んだときQ&A」としては、秀逸だと思います。

こういう本を待ってましたと、
2005年当時の全国青年大集会に参加して、思ったものでした。
[PR]
by ssu-i | 2010-05-31 15:38 | 団交情報
5/28に衆議院の厚生労働委員会で、
派遣法改正案が審議されました。
障害者自立支援法の改正案もいっしょのときに審議されました。

で、その派遣法改正案のこの先の見通しについての予想の記事が、
郵政法案を見出しにして時事ドットコムに出ていました。
以下、引用
****
郵政法案、31日にも衆院通過=野党、不信任連発で対抗
 週明けの国会は、鳩山内閣が最重要法案に位置付ける郵政改革法案の衆院通過をめぐり、与野党が激しい攻防を繰り広げそうだ。与党は、6月16日までの会期内成立を目指し、31日にも衆院本会議で可決し、参院に送付する構え。一方、野党は亀井静香郵政改革担当相らの不信任決議案などを連発して対抗。衆院通過を遅らせる方針だ。

(中略)

 また、与党は労働者派遣法改正案に関しても、6月2日の衆院厚生労働委員会で採決し、同3日に衆院通過させ、成立を急ぐ。野党はさらなる審議を求め、採決には反対する方針だ。 (2010/05/29-15:07)
******

えーっと、成立を急がれても…
与党は、実績づくりのために焦りまくっているような感じですね、この記事だと。
「派遣切り」の教訓を!「派遣村」の教訓を!
ネットカフェ難民調査や貧困率の調査を活用して、
有効な労働者の生活改善のために、仕事への誇り、やりがいをとりもどせる改正を!

この数年間に、国会審議で実名追及された製造業大企業の現場では、
偽装請負と派遣、派遣と請負、派遣と期間工、派遣と正社員対応など
が、繰り返されながら同一業務が続けられていました。
あるいは、ごく限られた期間だけ休業して、また期間工などの再募集をはじめたところもありました。

正規社員を雇いたくない(雇えないという言い訳は、製造大企業に限っては、その内部留保の増大で否定されていると思います
くりかえしますが、正規社員を雇いたくない、人件費総額をおさえこみたいという
明確な指向性をもって、
派遣という法律をかいくぐり
「実態は派遣労働」をしつづけていた
それによって、そこで働いていた人たちの、働き続けたい!
安定して生活をおくりたいから、働き続けたい!
いまの仕事にスキルもったし、誇り、やりがいもあるし、働き続けたい!
という願いを
製造業大企業がにぎりつぶしているのが現状です。

2年11ヶ月の契約期間を設定し、1ヶ月あけて、また2年11ヶ月雇うというような
脱法行為そのものの「期間限定」の雇用の仕方も、それはそれで問題ですが。
直接雇用なら、そういう雇い方をしている製造業大企業そのものと、働いている人が交渉する
そういう対等の契約にもとづく、条件交渉ができるわけです。
しかし、
派遣
という制度に、働く人をのっけてしまうと、
3年以内の「期間限定」で雇うのは、派遣会社
でも実際に3年以上、人を働かせるのは製造業大企業(でも、いつでもクビ切りできる…
(派遣会社と製造業大企業のあいだには、細切れの労働者派遣契約があり少々の契約期間内中途解除の「派遣切り」なら、違約金も払ったり払わなかったり…
派遣
という制度だと、働く人は、実際に身を粉にして働いてる製造業大企業に対して
対等の立場で直接の交渉を、限定的にしか認められていない
「雇用契約期間」の話は、
労働者と派遣会社の間でしてくれ、
わしゃ知らん、というのが製造業大企業の「いまの派遣法改正案でOK」という態度に出ています。

言いたいことが、長くなってあっちこっちに行きましたm(__)m
まとめます。
労働者と派遣会社の間で「常用雇用」型の「雇用契約期間」がむすばれていても
この何年かの「派遣村」で明らかになったように、
製造業大企業が「労働者派遣契約」をばっさり切ってしまえば。
「常用雇用型」も「登録型」も、どちらもほとんど同じ確率で、労働者は派遣会社からもクビになり、給料がもらえなくなるんです。

ここが、「派遣切り」が、働くひとにとって非情で冷たく残酷な現実をもたらした原因のひとつです。
これを、まず塞ぐことが今回の派遣法改正で緊急に求められています!
期日をきって、来週なかばに衆議院通過、とか、そういう締め切りおしこみみたいな乱暴なやり方でない労働者派遣法改正の審議を国会でやってほしい、そう思います。

ちなみに、5/28の衆議院厚生労働委員会での議論の動画が
5/31月曜日に18:50〜、国会TVで録画放送されるようです。↓
http://kokkai.jctv.ne.jp/
5月31日(月)放送予定
10:50今日の放送予定

第174回通常国会
11:00 参議院国土交通委員会(5月27日)
      貨物検査特措法案
      特定船舶入港禁止実施承認
      質疑者
       佐藤 正久(自民)
       米長 晴信(民主)
       草川 昭三(公明)
       渕上 貞雄(社民)

13:00 衆議院本会議(中継)
      経済産業委員長解任決議案

16:00 参議院内閣委員会公聴会(録画)
      国家公務員法改正案

18:50 衆議院厚生労働委員会(5月28日)
      障害者自立支援法改正案
      障害者支援関連法案
      質疑者
       田名部 匡代(民主)
       阿部 知子(社民)
       菅原 一秀(自民)
       高木 美智代(公明)
       高橋 千鶴子(共産)
      労働者派遣法改正案
      質疑者
       あべ 俊子(自民)
       松浪 健太(自民)
       大村 秀章(自民)
       坂口 力(公明)
       高橋 千鶴子(共産)
       柿澤 末途(みんな)
[PR]
by ssu-i | 2010-05-30 01:17 | 派遣法Q&A
滋賀民報の2010年5月30日付けに以下の記事が載りました。

以下、引用
*******
全教滋賀・大津 労働局に是正要請

「大津市の小中学校で英語を教えている外国人の指導助手(ALT)は『偽装請負』ー。全教滋賀教組と同大津教組が20日、滋賀労働局に対し、市に違法状態の是正指導を要請しました。

 要請では「ALTによる外国語指導は、現場での担当教員の指導や指示なしには成り立たない」こと、文部科学省が「指導内容や授業の進め方の指示や改善要求、業務評価は請負契約で実施できない」としていることを示した上で、大津市の実態を「指揮や指示にとどまらず、請負会社の要請に応じて現場の教員にALTを評価させるなど明確な『偽装請負』」と指摘。市への直接雇用の勧告などを求めました。
 市教委によると、ALTの業務委託は2004年に導入。市立小中学校全55校で教えており、昨年度11人(内小学校3人)、今年度12人(同4人)で、来年度から小学5、6年生の外国語(英語)活動が必修化され、増えています。
 全国では千葉県柏市などで偽装請負が認定されています。
******
以上,引用おわり


来年度から外国語活動が必修化され、と、そういうことが決まっていましたね。
この是非はともかく、必修化するくらいに重視しているのに、その授業活動をささえている先生(指導助手って言ったって、子どもからみたら先生でしょう?ちがうかな)の雇い方が
請負って…
予算で低くおさえていき、教育内容をしばったり、仕分けたりすると、
現場で、
想像を絶する展開があるのは、悲しいばかりです。
少し、現場の先生に話を聞いたら、
そりゃもう涙ぐましい、偽装のがれのテクニックが…
[PR]
by ssu-i | 2010-05-29 04:44 | 派遣法Q&A

公約違反と最低賃金違反

最低賃金を上げます!と公約していた民主党ですが、
公約修正(撤回?無視?裏切り?)するようです。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9693819481E0E5E2E0838DE0E5E2E7E0E2E3E29F9FEAE2E2E0
日本経済新聞のWeb刊から
以下、引用
******
最低賃金、「平均1000円」大幅先送り(朝刊から)
2010/5/28付
 政府は企業が従業員に支払う義務を負う最低賃金について、景気状況に配慮しつつ2020年までに全国平均で時給1000円を目指すとの目標を策定し、実現時期を大幅に先送りする方針を固めた。都道府県ごとに異なる最低賃金の下限を早期に800円に引き上げることも明記する。民主党は昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で全国平均で1000円を目指すとの目標を打ち出していたが、企業収益への影響などに配慮して現実路線に転換する。

 政労使などでつくる雇用戦略対話で決め、6月にまとめる新成長戦略に盛り込む。民主党は衆院選マニフェストに、景気状況に配慮しつつ、全国平均で1000円を目指すことと800円を想定した「全国最低賃金」の設定を盛り込んだが、実現時期は明記していない。ただ最低賃金制/async/async.do/ae=P_LK_ILTERM;g=96958A90889DE2E6E3E5EBE3E2E2E3E4E2E1E0E2E3E29BE0E2E2E2E2;dv=pc;sv=NX度を所管する厚生労働省の細川律夫副大臣が最低賃金を800円に引き上げるための法案を11年度国会に提出する意欲を示すなど、次期衆院選までに実現させる意向を示唆していた。
******
以上、引用おわり

えっと、主語は「政府は」だから、厳密には民主党の公約うんぬんではないと言えなくもないこともない?
とはいえ、時給1000円に、ワクワクというか涙うるうるというか、期待をこめて投票された方がいたら、
と思うと切ないですね。

と思っていると、
ネットで、滋賀県の最低賃金違反の記事が
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100519-00000217-mailo-l25
中国人実習生:「残業、時給300円」是正求め申し立て--野洲の縫製工場 /滋賀
5月19日15時29分配信 毎日新聞

これは見出しと、以下の一部だけの引用にしますが、この外国人実習生の賃金や待遇の問題も言葉につまり、想像を絶するものがあります。
以下、引用
*****
午前7時から深夜11時過ぎまで働き、休みは年間10日ほどだったという。
 支援団体によると、月額給与は本給5万~6万円と残業代の5万円ほど。土日や深夜も含め時間外手当は時給300円で、県が定めた最低賃金(09年度は平日時間外866円、休日昼間936円)を大幅に下回っていた。
*****
以上、引用おわり


さて、サービス残業もそうですが、最低賃金違反も犯罪です。
先の全国青年大集会2010の実行委員会がプレ企画として実施した
「全国最低賃金求人票調査」が、あわせてされた「全国ハローワーク前調査」とともに、 下のサイトでダウンロードできます。
http://minnsei-daisyuukai.cocolog-nifty.com/blog/2010/week17/index.html

正社員の求人(ハローワークにきているものだ)であっても、最低賃金を下回る計算になるのが全国平均で1.74%もあったと。
はーーーー、っと、ここでもため息がでますが。


っていうか、最低賃金の「最低」という意味がわかっているのか?と小一時間…
厚生労働省は、政権交代ワーイと、がんばって

最低賃金制度のページをつくっています。
特設サイトも!


■最低賃金って、なんですか?♪なんですか~なんですか~
→下回ってはいけない時給とかの最低金額
というのが、普通のこたえ、

法律までさかのぼって見てみると、
→最低賃金ってのは、(地域最賃で

その地域の
「労働者の生計費」及び「賃金」並びに「通常の事業の賃金支払能力」
で決めると。
それで、「労働者の生計費」ってのは、なに?かと。言うと
◇労働者が健康で文化的な最低限度の生活を営むことができる◇
でた、日本国憲法!生存権!
(最低賃金法 第九条 第二項第三項 参照)

滋賀県でいうと時給693円
これで、健康で文化的な生活ができたら、やってみてほしい、最低賃金を決める委員さんたち。
とまあ、そう思っているのに、
この水準以下のハローワークに出ている求人がある、と。
#いえ、実際には残業したら、最低賃金を超えるやろ
という意見は、健康で文化的な生活には、仕事を残業している場合ではないのでは?と返してみたいです。
ネコとアヒルの春のCMみたいに、新人さんが一人まっくらな職場に残って残業してたら健康で文化的でしょうか?
>現実には、ネコもアヒルも応援してくれないし、女の子も差し入れ…してくれることも…あったりなかったりでしょ?(ここは弱気


閑話休題
さて、最低賃金をあげる、という話だとほぼ必ず、経営がきびしい、というのと、国際競争力がさがる、というのとが出てきます。
それについては、2007年選挙前後にネットでも読める議論がありましたので、
それを最後にいくつかご紹介しておきます。

DeLT Functionより「最低賃金と失業率の関係(時系列)」
http://d.hatena.ne.jp/nyanko-wonderful/20091023/p1

独立行政法人 経済産業研究所より「最低賃金は有効な貧困対策か」
http://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/09090901.html

himaginaryの日記より「最低賃金引き上げは失業率を上昇させるか?」
http://d.hatena.ne.jp/himaginary/20090726/minimum_wage_1000yen

神奈川労連より「最低賃金のこと」
http://www015.upp.so-net.ne.jp/kanagawaroren/SAITIN/what2.htm
1979年からの時系列で生活保護の金額と最低賃金の金額差のグラフは、めずらしいかと。

NHKブログより解説委員室ブログ時論公論「最低賃金と広がる地域格差」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/4400.html
[PR]
by ssu-i | 2010-05-28 13:19 | よもやま
厚生労働省職業安定局需給調整事業課が今年のはじめに、
委託した事業で、「優良」人材ビジネス業者をうんぬんというために、実態調査と研究と、
派遣会社と派遣スタッフにアンケートをとっていたものの報告がネットで読めます。

平成21年度 優良人材ビジネス事業者育成推進事業報告書
いまの派遣法制度のもとで、
また、各種報道にあるような不良人材ビジネス事業者とそこと取引をしている不良派遣先企業が多数あるもとで、

あえて、その中で「優良」(かぎかっこつきというやつです)人材ビジネス業者を育てるという名目の税金の使い方はどうだろう

という疑問はありますが、

この報告書の中の、
(参考2)派遣元事業主アンケート調査について
、は一見の価値はあるかと。(PDF形式です)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/other42/dl/o42-08.pdf

この報告書がしめす、アンケートを答えてきた派遣元事業主では、とても100%とはいえない法令順守や派遣スタッフへの適正な扱いが現状だと。
派遣元事業主の、匿名ゆえのそっちょくな回答なんでしょうけど、
自己申告で「できてない」という回答は如何なんでしょうか。建前としても「できている」と100%の回答がよせられない業界というのは…
もちろん建前で「できている」と回答した企業が、実際にでききているかどうかは
現実がしめしているわけですが。

このなんとか推進事業は、派遣労働者の声を代表しているとはいえない、と批判もある委員さんたちだけで構成されているので、そもそも…というところですが。


法律をまもっていないということ自体が問題ですが、
それよりも、法律を守らなかったり法律遵守の形式の陰で、派遣スタッフの生活や尊厳や仕事をおびやかしていることが問題だと思うので、
そこんとこを間違えない派遣法改正を!
[PR]
by ssu-i | 2010-05-27 12:49 | 派遣法Q&A
この記事を見るのは、
結果が労働者にとって労働条件の改善につながる(はずの)もので、働かせすぎの日本の企業経営者体質に歯止めをかける効果がある(はずの)ものであっても、
やはり、
つらい思いで胸がいっぱいになります。


「日本海庄や」過労死訴訟、経営会社に賠償命令

しかし、過労死につながるような労働契約の設定をし、実際に被害者を出した企業に社会が監視の目を!という、裁判にふみきったご家族のその気持ちを紹介する意味でも
この投稿をあげています。

トラバ先の方は、役員、上司に責任があるのでは?と感想を書かれていますが、
トラバ先に引用されている記事の孫引きでは↓
以下、引用
*****

大島裁判長は、同社が当時、時間外労働が月80時間に満たない場合は基本給から不足分を控除すると規定していたと指摘。「長時間労働を前提としており、こうした勤務体制を維持したことは、役員にも重大な過失がある」と述べた。

*****
以上、引用おわり
「月80時間に満たない場合は基本給から不足分を控除すると規程していた」
この部分が、それを「維持したことは、役員にも重大な過失」だと
今回の賠償命令につながっているのです。


どういうことでしょうか?控除?って、税金やすくなるやつ?

ネットで、この裁判の前に労災認定があったときの記事を探したのですが、
見つけられなかったので、
書きますと、
この日本海庄や、というチェーン店では、雇われ店長職などで、
ある程度の基本給が出ていたんですが、
その基本給は、月に80時間残業すること、が条件だったんです。
月に80時間残業しなかった場合は、
しなかった時間相当分が、マイナスされて払われる
と。
しかも、そのことが知らされたのは、あとになって。


孫引きだとなんなので、西日本新聞の記事は↓
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/173962
以下、引用
******
大島真一裁判長は判決理由で、同社の基本給が、厚生労働省による過労業務の認定基準である月80時間の時間外労働を前提としていると指摘。「労働時間について配慮していたとは全く認められない」と述べた。

 さらに、平社長らは労働時間が過重にならないようにし、従業員の生命、健康を損なわないような体制をつくる義務を怠ったとして「悪意または重大な過失がある」と判断した。
******
以上、引用おわり


さて、労働時間の過重は、なぜイカンのかと
それは、労働時間が長くなると、いのちの危険があるからです。

労働時間と脳血管疾患の関係性について、の資料は以下、
いわゆる過労死基準が↓
脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準について
http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-42/hor1-42-62-1-0.htm
同、別添
http://www.jaish.gr.jp/horei/hor1-42/hor1-42-62-1-2.html

同文書の解説というか、談話が↓
2002年1月15日  過労死認定「新基準」に対する談話
働くもののいのちと健康を守る全国センター
事 務 局 長    池 田  寛
http://www.inoken.gr.jp/sei-ken/0105-06.htm

お医者さんの語る過労死
http://www.aikawanaika.or.jp/hiroba/133-1karoushi.html

ついでに、過労死の企業の名前の公表をもとめた裁判の記事
http://www.asahi.com/special/08016/OSK200903020065.html
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091116/trl0911160203001-n1.htm




青年ユニオンは、宣伝やよびかけが、はたらきすぎている、働かされすぎている全ての方にとどくように工夫をしたいと思っています。
[PR]
by ssu-i | 2010-05-26 16:00 | よもやま
派遣法案をめぐって、マスメディアでもネットメディアでも様々な意見が出されています。


中には、中小企業の管理職や経営者は、厳しい経営の中で
派遣に頼らざるをえない

だから
原則禁止

派遣法改正は中小企業のためにならない

中小企業の経営を理由にしての、派遣法改正反対というか規制強化反対と。

とまあ、そんな感じの意見が中小企業経営者団体の方や派遣会社の経営者の方から見受けられます。



中小企業の経営が、いまの日本で大変なのは、就職活動を通じて自分も肌で感じました。
というか、「いま」でなくて、ここんとこずっと、ですよね。
一部には、もちろん元気で景気のいい中小企業もあります。

さて、では経営が大変で
人件費が出せないから
とか
採用や募集の実務の時間がとれないから
とか

派遣でもやむなし
の理由にすることですが。


派遣で働くひとの立場
派遣で働くかもしれない立場のひとの意見では、


経営の数字の話は、社長やら専務やら関係なしに社員も一緒になって、アイデアや工夫を出して、雇われて働いてるもんの気持ち、やる気を引き出さんとあかんのではないでしょうか。そのためには、働いてるものをコロコロ入れ替える派遣では、信頼関係がつくれないかなぁ、ではないでしょうか。

また、そんなに時間がないなら、労働法やらも勉強するひまがないでしょうから、複雑な雇い方になる派遣は、使いこなせないと思いますが。


セクハラ、パワハラ、育児休暇、超過残業の有給休暇振替、社会保険制度の複雑化や頻繁な改正、配偶者控除などの勤労者納税制度の変化、雇用保険も…

派遣先の経営者、労務管理者、管理職であっても知らないではすまない、
社会の変化は
矢継ぎ早にあります。


派遣やむなし、と言ってるひまこそないのではないでしょうか。

現状、派遣やむなし、でも。まず、派遣法はじめ労働関係法令を知って、守っていただきたい。

恥は知らないでもかまいません、法と人の道は知ってください。
[PR]
by ssu-i | 2010-05-25 19:29 | 派遣法Q&A
パナソニックが追いつめられ、証拠文書を提出(2010年5月22日・おはようニュース)

河本猛さんの正規雇用を支援する会のブログの最新記事が、
偽装請負と違法な労働者供給とを、昨年12月のプラズマディスプレイの最高裁判例を正面から批判する立場で報告された内容の内容です。
最高裁の判例があるから、その後の裁判はすべて、その判例準拠になり、法改正を待つしかないのではない
という、力強い主張の根拠を書かれています。

以下、引用
******
雇いたくないから違法な法型式をとって雇っている。その主張を認めるような法解釈はあり得ない


 同氏は、「まず、最高裁判決を正面から批判する必要がある」と指摘。

 龍谷大学の萬井隆令教授の論文を引用して、「黙示の意思表示の問題は、違法な行為をしてきたものを、そのまま認めるということは、法解釈のあり方として正しいのか。と指摘した」

「本件のような偽装請負の状態は、形式上、派遣先パナソニックは河本さんを雇いたくないのだから、偽装請負や派遣という形態をとっていた。」

「最初から法律に従わず、人を雇う意思をもちたくないので、そのために違法な型式をとっていた。」

「偽装請負は完全な違法である。あとの派遣も、期間制限があるから本来は派遣で雇えない。最初から最後まで違法状態で働かせていたことは間違いない。」

「適法な場合ならともかく、雇いたくないから違法な法型式をとって雇っているような主張を認めるような法解釈は、本来あり得ない」。

************
以上、引用おわり
この引用部分のあとに、最高裁判決は、早晩判例変更すべき、と続きます。
少々ボリュームのある文章ですが、ぜひ偽装請負問題に悩まれている方、とりくまれているかた
勉強されているかたは、読んでみて、さらにできれば周りに広めてみてください。


河本さんは、5/16の全国青年大集会2010でもステージで話されたかたですね。




結びに、全国青年大集会2010報告会も兼ねて
<帰ってきた滋賀青年大集会2010>を、6月6日の日曜日に開催します。
実行委員会がさる23日に最初の会合をひらき、場所とタイムテーブルを決定しました。
滋賀県内の青年に、あの興奮と感動と学びと、なかまとのつながりを届けて、
滋賀でもはたらく青年の問題を、学生や高校生とも一緒に考えていくとりくみにしようと
計画が急ピッチで進行中です。

参加無料です。参加ご希望のひと、準備や宣伝を手伝えるという方は、滋賀青年ユニオンそのほかにご連絡プリーズ!プリーズ!プリーズ!どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by ssu-i | 2010-05-24 12:23 | 派遣法Q&A
主催、実行委員会の参加団体のひとつのぜんろうれん青年部のブログにも報告があがってますね。

全国青年大集会2010 は、5,200名で大成功
http://blogs.yahoo.co.jp/zenrourenpower/35048915.html



と、
この全国青年大集会2010の
報道記事をみて、
「まず、「非正規切りをやめろ」なんですが、個人的にいけない
理由がわからないのです。」と、ブログに書いている方がいたので、
その方の記事もご紹介ておきます。
___________________
該当URLは削除しました《訂正》
___________________
当日、全国青年大集会2010に参加していた人は、このブログを書いた人の意見に
首をかしげるところもあると思います。
とくに「ブラック会社」にふれて。
以下、引用
*******
記事に出てくる「ボーナスを出さない」とか
「ブラック企業」とかですが、

あなたは、他人の意思によりその会社と
雇用契約を締結したのですか?

と聞きたい。

派遣であれ、契約社員であれ、

ほぼ、「自己の意思で雇用契約を締結している」
と思うのです。

締結した内容と違えば、それは争うべきところですが、
契約社員であれば、契約が切れる可能性があることは
入る前から分かるはずです。派遣も同様。

ブラック企業も、入社前にインターネットで企業名検索
すれば、ひどい会社はかなりの確立でわかります。

他に道が無いので契約社員をしているという人は多いと
思います。確かに、経歴やキャリアなどで正社員が困難
な人もおられると思います。

あれこれ探しても見つからないので、ひとまずであっても
自らの意思で、応募して雇われた以上、そこは文句を言う相手
ではないと思うのです。嫌なら働かなければいいわけですから。

**********
以上、引用終わり

という書き方には、
あの5月16日に、ステージで青年がうったえた
「社長は、○○○円の赤字だと言ってボーナスをカットしましたが、実際には黒字で、
サービス残業を社員に強いておきながら経営者夫妻の役員報酬は○○○万円でした」
という言葉
を、
知った上でも、まだそう言えますか?と、正面から聞いてみたい気がします。

また、そもそもが派遣と、契約社員とブラック会社と、ボーナスカットと
(わざと?)話をまぜて展開して、
「あれこれ探しても見つからないので、ひとまずであっても
自らの意思で、応募して雇われた以上、そこは文句を言う相手
ではないと思うのです。嫌なら働かなければいいわけですから。」
というのは、
どーにもだいたいなアドバイス(?意見表明?)だと思いました。
5月16日に、ブラック会社の話をステージでされた青年は、正社員だったはずです。


さて、で、もう一度引用しますが、
「あれこれ探しても見つからないので、ひとまずであっても
自らの意思で、応募して雇われた以上、そこは文句を言う相手
ではないと思うのです。嫌なら働かなければいいわけですから。」

この部分は、真っ向反論します。
どんな応募の仕方でも、雇われ方でも
雇われたあとでも、前でも(内定切りとかありますね)、
そこの会社に、違法行為や不法行為や、劣悪な労働条件があれば
堂々と、文句を言うことは大切だと思います。
会社を相手に、というのはニュアンスがちがうので、
雇い主である経営者を相手に、働いてる人(正社員であれパートであれ、派遣社員であれ契約社員であっても)
は、対等な契約で労働しているのだから、契約内容の適正な履行あるいは改善を求めて
交渉することは大事だと思います。

繰り返し引用しますが
「嫌なら働かなければいいわけですから」
という一言に、
会社の言うことにしたがう(嫌と言わない)人間だけを雇いたい
という経営の論理が、象徴的にあらわれていると思います。


追記《訂正》上で紹介したブログのリンクのURLを削除しました。
全文を原文で読みたい方は、検索で全国青年大集会2010をキーワードに探せば、みつかります。
[PR]
by ssu-i | 2010-05-23 00:11 | 企画
タイトル:
全国青年大集会2010報告
URL:
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=sai-mido&articleId=10536648321

http://ameblo.jp/sai-mido/entry-10536648321.html

全国からの参加者たちの、自分たちのブログでの青年大集会報告が続いています。

ツイッターもそうですが
全国の声が、こういう形でつながるひろがるのも2年前より増えている気がします。

色んな意見があるのも当たり前です。意見の違いにあきらめず、一致して声を合わせられることは何か?を探しながら
一緒に行動できることはなんなんのかを
あきらめずに
語りあい、
手をつなぎ、動きはじめましょう。
[PR]
by ssu-i | 2010-05-22 17:43 | 企画